うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

ロジクール・マウスのスクロール反応が悪くなる不具合の原因と分解ホイール修理

2012.03.02 (Fri) 共有

Loficool G5マウスのネジの位置
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


メインで愛用している「ロジクールG5レーザーマウス G-5T」というとっても高性能なマウスのホイールのスクロールの反応が悪くなってしまったので、しかたなく新しいのを買おうかと思ったのだけれど、分解してみたら原因が分かって修理もできたので、やり方をメモしておく。

不具合の内容:ホイールを回転させてウェブサイトなどをスクロールする時に、下スクロールは正常で、上スクロールが空転ぎみで、反応が悪くなるというもの。

実は、過去に同じ不具合が起こり、保証で無償交換してもらった物が、また壊れてしまった。よって保証期間は終了しているので、ダメ元で分解してみることに。

※分解は、保証が無効になる可能性があり。もし、この記事を読んで分解する人は、自己責任でお願いします。

まず、分解するのに裏面にねじ穴が4か所あったので、その位置は、上の写真を参考にしてもらいたい。特にツルツルすべらせる為のシールは角からゆっくり慎重にはがしていかないと粘着部分を残して上側だけが剥がれてしまうので要注意である。

失敗したときの交換用のシール?↓
≫≫ パワーサポート エアーパッドソール for Logicool G5/G7 PAS-75

それとネジ穴とネジは普通のドライバーだと穴にすら入らない。細いタイプのプラスドライバーが必要。

ネジを4つ外すとパカっとマウスの上の部分が外せた。そして、ホイールの部分を見ると大量のゴミやホコリ、髪の毛などが絡まっていた。ホイール前部分にあるプラスネジを外すとホイールが外れたので、ゴミを綺麗に取り除き、再びネジを締めて元通りにして、マウスの上の部分を仮ハメしてパソコンにつないでスクロールさせたら、なんと正常に動作するようになった。あとはネジを締めて修理完了~!

不具合の原因:ゴミやホコリ、髪の毛などがホール周辺にたまったことによる接触不良と思われる。

分解して思ったんだけれど、やっぱりロジクールのマウスはいいなぁーと。ホイール部分の部品自体の造りが非常にしっかりしたものだったからだ。これなら、定期的にゴミを取り除いてあげれば、まだまだ長く使えそうである。メーカーとしては、あまり嬉しくないだろうけど(笑)。

私の場合365日フルで使用するので、マウスは消耗品。だから3年保証でしかも超高性能なロジクールのマウスは、指名買いメーカーである。分解清掃修理のノウハウを得た今、もうロジクール以外のマウスの選択肢は完全になくなった。

オススメのLogicoolの有線マウス
安くても高性能、圧倒的なコストパフォーマンス↓
≫≫ LOGICOOL パフォーマンス オプティカルマウス G400
圧倒的なカーソルのレスポンスと精度↓
≫≫ LOGICOOL レーザーマウス ゲーミングマウス G500

ロジクールには、ワイヤレスマウスも多数ラインナップされているが、個人的には、有線マウスの方がカーソルの反応レスポンスが良いと感じる。無線にこだわらないのであれば、有線マウスの方がオススメ。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

一目ぼれLibertouch(リベルタッチ)FKB8540-052のレビュー

2011.03.09 (Wed) 共有

Libertouch
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD

運命の出会い、それは一目ぼれだった。

1か月くらい前に、富士通コンポーネントというメーカーのLibertouch(リベルタッチ)FKB8540-052というキーボードを購入した。いわゆるハイエンドキーボードという製品である。ハイエンドキーボードとは、ざっくり言うと、つまり「とても高級なキーボード」のこと。

↓これがリベルタッチ
富士通コンポーネント Libertouch Black USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ブラック FKB8540-052/B

たかがキーボード、されどキーボード・・・。私のように毎日、長時間タイピングをする人にとって、キーボードの打ちやすさというのは非常に重要だ。ただキーボードに15000円以上のお金を出せるかと言われれば、かなり悩むというのが普通ではないだろうか?正直、私もこのキーボードに出会うまでは、こんな高価なキーボードを買ってしまうなんて考えもしなかった。

Libertouch Libertouch

このキーボードと出会ったのは、横浜駅のヨドバシカメラのキーボードコーナーだった。なんとなく今使っているキーボードよりいいものはないかなと展示してあるキーボードを試し打ちしていた。どの製品もこれと言った違いが感じられなかった中で、一つだけ感動的に打ちやすいキーボードを発見した。それがLibertouch(リベルタッチ)だった。

「これ、すごく打ちやすい、ん、FUJISU・・・」

左上のロゴで、富士通の製品だとすぐわかったが、価格を見て驚いた。17000円前後の値段がついているのだ。「え、富士通のキーボードがなんでこんな高いんだ?」その時はこの製品の事をまったく知らなかったのでそう思った。なぜなら高級なキーボードと聞かれてすぐ思いつくのは東プレというメーカーくらいだったからだ。東プレのREALFORCEシリーズはハイエンドキーボードの代名詞と言ってもいいほど有名で、私もいつかは東プレと思っていた。

当然その時、東プレのREALFORCEも試し打ちをしたのだが、たしかに東プレのキーボードも非常に打ちやすかった。しかし富士通のリベルタッチのスコスコと指に吸い付くような打ちやすさは感動的で、打てば打つほどに魅了されてしまった。

まさに一目ぼれだった。

さすがにその時は衝動買いはしなかったが、ネットでリベルタッチの事をいろいろと調べているうちに、いてもたってもいられなくなってポチっと・・・結局、運命の出会いから一日もたたずに私の止まらない衝動は発動してしまった。

Libertouch Libertouch

さて、衝動買いしてから1か月くらい使ったレビュー。

まず見た目は、まさにキーボードの王道といったシンプルなデザイン。言われなければこれがハイエンドキーボードとは誰も気づかないと思う。個人的には、どことなく昭和のパソコンのキーボードのような雰囲気がとても気に入っている。

キーボードの重量は、ハッキリ言ってすごく重い。最初はあまりの重さに驚いた。しかし、この重量のおかげでタイピング中にキーボードが動くことがなくなり、タイピング時の安定感は抜群となる。

さらにタイピングのしやすさは、このキーボードの最大の魅力だ。普段からキーボードを打つことが多い人ならちょっと打っただけでも、その圧倒的な違いに気づくはずだ。この柔らかでなめらなで軽快なタッチは快適そのもので、とにかく最高としか言いようがない。

ただ、最初の一週間は、今までのキーボードよりキーピッチ(キーとキーの間隔)が狭いからなのか、他のキーに指が触れてしまう入力ミスに悩まされた。とにかくキーが軽いので、ちょっとでも指がかかっただけで入力されてしまう。ただ、キーの位置に指が慣れてなじんできてからは、逆にミスタッチは今までより少なくなった。特に前は小指のミスタッチが多かったのだが、このリベルタッチはキーが軽いので小指での入力が非常に楽になった。それとスペースバーがとても短いので、最初は大丈夫かなと思ったが、特に問題にならなかった。

キーの反応は、高速で打つとたまに鈍いと感じるときがある。ただ、原因がキーボードなのか、日本語入力システム(ATOK)なのかは、よくわからない微妙なレベル。あとキーをたたいた時の音は、これまでのキーボードと比べるとかなり静かで、結構強くたたいてもうるさいと感じることはなかった。

一つ謎だったのは、右上の凹みの部分で、何を想定したものなのかがわからない。USBメモリーとかSDカードなどを置くことを想定しているのだろうか?


Libertouch
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


上の写真の通り、コードを左右どちらにも変更できる。また、背面にUSBの差込口が付いているので、マウスを差し込むのに便利。


Libertouch
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD

現在、リベルタッチに「FILCO キーボード用パームレスト レザーパームレスト大サイズ(47.0cm) 本牛革製 ブラック FKBPR/B」を組み合わせて超・快適仕様となっている。この手のキーボードに革製のパームレストは必需品です。

ちなみに写真のキーボードの横にあるマウスは、ロジクールのG5レーザーマウス(G-5T)という製品で、いわゆるゲーミング・グレードの超・高性能マウス。こちらのマウスも一度使ったら他の普通のマウスは二度と使えなくなるほどのすばらしい製品。現在はこのG-5Tの後継モデル「LOGICOOL レーザーマウス ゲーミングマウス 高速スクロール対応ホイール採用 G500」となっていて、さらに性能アップしている。

右上のマウスはLOGICOOL オプティカルマウス 1800dpi高精度センサー搭載 MX-518」というロジクールでも比較的安い光学式マウス(オプティカルマウス)。ほぼ同じ形状だが、さすがにゲーミング・グレードのレーザーマウスであるG-5Tと比較するとカーソルの動きはかなり劣る。しかし、光学式マウスとして他メーカーと比較した場合は、たぶん最高峰じゃないかなと思うほど圧倒的に精密で素早い反応がすばらしいマウスである。実際に事務作業用途であれば必要十分の性能。そう考えるとコストパフォーマンスはMX518の方が高いと言える。

過去にも何度も記事中で絶賛しているロジクール。現在3種類のロジクールマウスを所有するほどで、私の中では絶対指名買いメーカーとなっている。とにかくカーソルの反応の良さが最高です。ただ、手の小さい人が使う場合、サイズが大きすぎる可能性があるので注意してほしい。

結論的には、キーボード、マウス、パームレストの三点を最強にすることで得られる満足感はとても高いということだった。特に今回レビューしたリベルタッチは、後悔のない衝動買いだったと言える。とにかく毎日パソコンを触る人で、快適なタイピングや正確なカーソルの反応を求めているならば、これらの製品を一度触ってみても損はない。

■メーカーのサイト
富士通コンポーネントのデスクトップ用キーボードのページ

リベルタッチは、黒の他に白もあって二色から選べる。それと日本語配列版の他に英語配列版もあり、エンターキーの形やキーの数が違う。

■日本語配列
富士通コンポーネント Libertouch White USBキーボード 日本語108キー ホワイト FKB8540-051/W
富士通コンポーネント Libertouch Black USBキーボード 日本語108キー ブラック FKB8540-052/B

■英語配列
富士通コンポーネント USBキーボード Libertouch White 英語103キー ホワイト FKB8540-001/W
富士通コンポーネント USBキーボード Libertouch Black 英語103キー ブラック FKB8540-101/B


■ロジクールについての記事
ロジクールBluetoothマウスM555bのレビュー
大容量ハードディスク導入!そしてネット時代に伸びる会社
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

ロジクールBluetoothマウスM555bのレビュー

2010.04.30 (Fri) 共有

ロジクールM555b
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


つい最近、買ったCULVノート「acer aspire1410」(この記事参照)だったが、買って1ヶ月くらいしか経っていないのに、実質後継モデルではないかと思われる機種が発売された・・・・

「Aspire One 752」という本来は別のシリーズなのですが、スペックは私の「aspire1410」と全く同じで、デザインも同じ?、ただハードディスク容量が250GBから320GBに増えている。これってシリーズ統合なのかな?いちおうaspire1410の後継が出ていないので、このモデルが実質後継機って事だと思われる。

うーん、いつもの事ながら、電化製品を買うと必ずって言っていいほど数ヶ月以内に悲しい思いをしますね(笑)。まあ、今回は内容が同じだし今思えばモデル末期だったからか、超激安だったので、それほどダメージは無かったですが・・・

それで今回は、そのacer aspire1410のBluetooth(ブルートゥース)の恩恵を享受するべく、購入したBluetoothマウス「ロジクールM555b」の使用インプレッションです。

ちなみにBluetoothとは、簡単に言えばワイヤレスで通信をする為の機能です。つまりワイヤレス(ケーブル線が無い)のマウスって事です。やはりノートPCの場合、使用場所を移動する事が多いので、普通のマウスだとケーブルがじゃまくさいのです。


ロジクールM555b
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


このマウスはアマゾンで3436円(本日現在)です。電池がセットになっていたので開封してそのまま使い始める事ができました。私はロジクールのマウスはこれで4台目ですが、ロジクールの素晴らしい所は圧倒的な性能はもちろんですが、な、なんと保証が3年も付いているという他社でまず考えられない太っ腹な所です。ちなみにマイクロソフトのマウスも3年保証らしいですが、バッファローとか普通はほとんどが6ヶ月しかありません。保証書はパッケージの裏面に張り付けてあるので、必ずはがして領収書と一緒に大切に保管しておきましょう。

なお、このマウスにはPC側にBluetoothモジュールが搭載されていない場合は、使用できないのでその点は要注意です。PCとの接続は、どうやったか忘れてしまうほど簡単にできました(たぶんPCのBluetoothを有効にしてマウスの裏のボタン押すだけとかそんんな感じでした)。


ロジクールM555b
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


さて、上の写真を見てマウスにこだわっている人なら、サイドボタンが無いから不便ではと気がつかれると思いますが、このマウスの場合、ホイールの部分が、左右にクリック出来るようになっていて、ロジクールの専用ソフトをPCにインストールすれば、自分の好みの機能を割り当てる事が出来ます。私の場合は、ブラウザの戻るを左、進むを右に割り当てています。ですから実質的にサイドボタン有りのマウスと同じ使い方ができます。しかしこのように割り当てると横スクロールは当然出来なくなりますので、画面の横幅の狭いネットブックなどは微妙かもしれません。

外観は、光沢塗装のいわゆるガンメタリック色で、まあまあ高級感がありますね。サイズは他のロジクールのマウスに比べると一回り小さいですが、ノートPCと一緒に持ち歩くには丁度いいサイズです。ただロジクール特有の手に馴染むフィット感はありませんので、やはり毎日仕事で使用するような方は、ロジクールの有線マウスの基本の形とサイズのマウスの方がいいかもしれませんね。あとサイズの割に重い印象です。

さてカーソルの反応ですが、やはりロジクールは期待を裏切りませんね~!ワイアレスなのに精度が高く反応はけっこう良いです。他のロジクールの有線マウスと比べるとちょっと反応が遅いような感じもしますが、昔使ってた他社の無線マウスと比べれば、このM555bのビシっとした動きは素晴らしいとしか言いようがありません。

普段はオプティカルセンサーのMX518を使っているのですが、レーザーでなくても反応は問題無いロジクールですが、このマウスはレーザーセンサーって事で、マウスパッド無しでもけっこう反応してくれます。ロジクールのレーザーの代名詞といわれるゲーミングマウスG5も用途によって使用(このG5は仕事用にはオーバースペック)していますが、このG5は反応良すぎでハッキリ言ってスピードに目がついていかないほどです。まあ、当然カーソルのスピードを調整できるので、自分の使いやすい動きにカスタマイズ出来ます。ただ、G5など有線の超高級マウスと比較されれば、はっきり言ってだいぶ精度は落ちますので、そのような用途の場合はこのマウスはお薦めできませんね。

まあでも、マウスは普通に使えればOKってマウスにこだわって無い人でも、ロジクールのマウスを一度でも使ったら、おそらく他社のマウスではストレスが貯まって我慢出来なくなるはずです。これは実際に他社のマウスも何個も試した上での私の結論です。なんというか他社のマウスの場合、カーソルの動きがアバウト過ぎで、ロジクールのようにビシって感じに動いてくれないのです。車のハンドルで言えば、ロジクールはスポーツカーの切れのいいダイレクトなハンドリングって感じで、他社のはそうですね~アメ車とかミニバンとか昔のファミリーカーみたいなプアーな感じでしょうか(笑)。

この正確で素早いカーソルへの反応こそが、マウス選びの神髄だといっても過言では無いと私は思っていますし(笑)、その点においてロジクールを超えるマウスに出会った事は未だにありませんし、おそらく今後相当評判がいい製品が無い限り、ロジクール以外のマウスを買うことは無いと思いますので、出会う事も無いでしょう!

と熱く語ってしまいましたが、私は決してロジクールの回し者ではありませんので・・・

さて本題のM555bから話が離れてしまいましたが、このM555bを使ってみて気になった点は、ホイールの回転がけっこう軽いという所ですね。MX518の場合は、カチカチカチって感じで一コマ一コマ確実に回す感じで、スクロールの回数が分かりやすいのですが、M555bの場合も一応カチカチカチって一コマ一コマ確認しならが回せるのですが、その回転抵抗が少なくてカチカチカチカチって軽く回ってしまう感じなので、他のロジクールのマウスと比べると慣れが必要でした。おそらくこれは高速スクロール機能というのを搭載した為の仕様だと思われます。

そして、この高速スクロール機能というのは、ブログなど下に長いウェブサイトを見る時には便利かもです。高速スクロール機能を使うにはホイールをバチっと下に押し込むようにクリックします。すると、なんとホイールがクルクルクルクル~ってまったく抵抗が無くなって一気に回転するようになって、一気にスクロールしてくれます。

これには、私も驚きました!もの凄い速度でスクロールしてくれます!

うーん、これスクロールを多用する人にはこの機能はけっこう重宝するかもですね。私の場合はウィンドウ右端のスクロールバーを使うやり方に慣れているので、実際この機能はまったく使ってませんが・・・

つぎにこのM555bの最大とも言えるメリットが、電池の寿命が長いという事です。カタログ上では通常使用で2.5ヶ月持つとの事です。またスマートスリープモードという機能で、マウスを使ってない状態が続くと自動で電源が切れるというのは非常に便利です。あと下面にオン/オフ・スイッチも付いています。と言っても私の場合、ノートPCはほとんど使って無いので、通常使用というよりか、ほんとたまに使用なので、電池寿命は計測不可能です。

ただ、この手の電池交換タイプのマウスの電池寿命の短さは、ある意味、宿命なので仕事とかで通常使用で利用する人は、間違い無く有線マウスをお薦めしますね。以前別のメーカーですが、通常使用でワイヤレスを使っていた事もあったのですが、とにかく電池がすぐ切れてしまって(1ヶ月持たなかった)、しかも深夜とか仕事に集中している時に電池が切れて予備の電池も無くなっている場合など、何度も発狂しそうになった思い出があります。結局そのマウスの最後は、壊れていないのに頭に来て破棄しました(笑)。仕事で使う人は、メインは有線マウスで、電池交換式マウスはあくまでもサブって感じで使うのがいいのではと思います。

さて結論ですが、ぶっちゃけ思ったのは、このマウスはノートPCをサブで使っている人向けのサブな感じのマウスです。やはりロジクールの基本の有線マウスなどと比較すれば色々な面で劣ります。だから他を知っている私的にはこのマウスはメイン(お仕事)では使えないが、あくまでもサブなら必要十分かなと・・・

まあ、結局ロジクール以外の選択肢の無い私は、Bluetoothマウスはこれしか選択肢が無かったというのもありますが、それでも、サブなマウスと割り切って他と比較した場合でも、おそらくこのマウスを超えるBluetoothマウスは無いのではないだろうかとも思いました。なにより無線マウスでこの性能なら他の無線を経験した人ならばたぶん文句は無いはずです。

それとこれまでオモチャみたいな軽いマウスを使っていた人にはたぶんかなり重く感じるかもしれません。ロジクールのマウスは全体的に重め・・・特にゲーミングマウスのG5とか考えられないくらいメッチャ重くて長時間使っていると手が痺れてくるくらい(ホントです、ただウェイトカートリッジを外せば普通の重さになります)・・・・・・おそらくこの重さがカーソルの精度と高めるのに関係しているんだと思われますが実際はよくわかりません。

↓これです!
ロジクール Bluetoothマウス M555b (アマゾンより)

かなりの長文最後までお読み頂きありがとうです。
ご注意:このレビューはロジクールの熱狂的なファンによるレビューです。実際、他社のすべての製品を比較した訳ではありませんので、その点ご了承の上、参考にして頂ければと思います。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

大容量ハードディスク導入!そしてネット時代に伸びる会社

2009.12.09 (Wed) 共有

コレガ CG-HDC2EU3100
≫ 拡大する
  (フリー写真不可)


ここ3日間ほど、PCの中の大掃除と整理をひたすら行っていた。と言うのも上記写真の外付けハードディスクを購入したからです。
これまで私のPCにはメインが300GB+セカンドに300GBの合計600GBのハードディスクが組み込まれていたのだが、一眼レフの写真や動画ファイルなどが多くなりすぎて、メインハードディスクの空き容量が少なくなってきた為なのかPCの動きが異常に鈍くなっていた。特に一眼のRAW画像をまとめてデスクトップに置くとデスクトップ上の作業の表示が異常に遅くなる(ような気がする、いや実際なっている・・・)。まあ、一眼のコンパクトフラッシュの容量が4GBなのだから、つまりそれだけでデスクトップに4GBのデータを置いている訳なので、だから表示が重くなるのだろうか?
当然ですがメインのハードディスクにはウィンドウズや各種ソフトのプログラムが入っていて、これだけでも120GBほど使っている。セカンドハードディスクにマイドキュメントを移しているので、保存したいデータはセカンドハードディスクにほとんどあるので全体的にはまだまだ余裕があったのだが、最近1TBのハードディスクドライブの価格がだいぶ安くなってきたので、年末のPCの大掃除も兼ねて購入してしまったのです。


コレガ CG-HDC2EU3100
≫ 拡大する
  (フリー写真不可)


上の写真がコレガというメーカーの外付けハードディスクケースCG-HDC2EU3100という製品。3.5インチSATAハードディスクが2台が搭載出来て、ミラーリング(RAID1)が可能です。ミラーリングと言うのは、同じデータを2台のハードディスクに保存するモードで、万が一の時にもデータが保全される確率が高くなります。eSATAケーブルで接続可能なので内蔵のハードディスクと同じような速度で保存できます。このハードディスクケースは 7,507円(税込)でした。ただこれだけだとただの箱なので中身も必要になります。


日立グローバルストレージテクノロジーズのHDD
≫ 拡大する
  (フリー写真不可)


上の写真はHGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)というメーカーのハードディスクで、Deskstar 7K1000.B(HDT721010SLA360)1TB という製品です。最新モデルの一つ前のモデルらしく、だいぶ安くなっているみたいで、1つ6,980円(税込)でした。もちろんミラーリングする為に2つ購入したので13,960円(税込)でした。これは安いです!2TBで13,960円なんて数年前までは考えられない価格です。ケースと会わせて21,467円(税込・送料無料)です。RAIDモード付きで全部組み込まれている製品とかで同じような価格帯のバッファローとかの製品もあったのですが、過去にバッファローのサポートの対応があまりにも酷かったのと、やはり購入した製品に不具合が多かったので、とにかくバッファローは私の中では二度と買わないメーカーになっているのと、パーツが別々の方がトラブルの時にダメージが分散できそうなのでこうしました。

まあ、この手のPC関連メーカーのサポートはどこもかなり酷いですが(笑)、バッファローの対応は、最悪と言ってもいいほどの酷さでした。ド素人がマニュアル読むだけの超適当な対応で、言われた事を実行しても問題が解決しなかったり、完全に間違った説明をされたり、その時は5回電話をして、5回担当が変わって(担当制じゃないからと担当の名前を教えてくれない)、5回同じ説明をさせられて、最後は問題が一切解決出来ず、サジを投げられたので、返品を要求したら、断られ逆ギレされてバッサリ切り捨てって感じでとにかくめちゃくちゃ、思い出しただけでもムカムカしてきます。結局、使えない(私の使用環境では)製品を買ってどうする事も出来ず泣き寝入り。安物買いの銭失いとはまさにこの時の出来事を指している言葉でした。と・・・ついつい熱くなってしまいましたが、バッファローに限らず、どうしてPC関連の会社はサポートが酷いのでしょうかね?

私の場合、営業職を長年やっていた関係でクレームで怒っていたお客様ほど、その時誠意を持って対応すればより深い関係になれるケースが多く、クレームがあったら逆にラッキーと思えるような感覚なので、PC関連メーカーのサポートの悪さは理解に苦しみます。

ただ、過去にロジクールというマウスメーカーのサポートには感動した事があります。まあ、ロジクールのマウスは他メーカーの製品より価格が高いのですが、その使いやすさは最高でとにかく好んで使っていたのですが、2年以上使っていたマウスのホイールの部分が調子が悪くなって寿命かなと思ったのですが、たしかロジクールは3年保証じゃなかったっけと思い出し保証書を見つけてダメもとで電話してみたのです。担当の人に症状を告げると特になんの質問も追求も疑われる事も無くすんなりと同モデルの次のモデル(新製品)になるが交換の商品を送ってくれると言うのです。そして、新しい製品が届くまで壊れたマウスで我慢して下さいと・・・。そして製品が届いたら(送料はこっちの負担だったが)壊れたマウスを送って下さいと・・・。そして一つ新しいモデルのマウスが届きました。
よーく考えたら3年無償保証というのも凄いが、2年以上酷使して壊れたマウスを嫌な声ひとつせず新品と交換してくれるって凄い対応です!しかも製品の性能は超高性能!通常のマウスはロジクールの半額くらいで売っていますが、性能は10分の1くらい(個人的感覚)で、サポートの対応は最悪だったら、逆に超ー割高です。
安くて性能が良くてサポート対応が素晴らしかったら言う事ないのですが、たいがいの製品は安かろう悪かろうが多いですね。まあ、元々ロジクールのファンだったのですが、その時以来、誰かにマウスを勧める時は、迷わずロジクールをオススメするようになりました。

特に今は、ネットでリアルな口コミが調べられる時代ですので、大手でもサポートが悪いと簡単に評判が悪くなってしまいます。逆に言えば小さな会社でも対応が良ければファンになってくれて良い評判をネットの口コミで広めてくれるのです。


HDDケースとHDD
≫ 拡大する
  (フリー写真不可)


と、まあ、だいぶ話しが脱線して支離滅裂な文章になってきたので話を戻します。

上の写真は箱から出した所、バラなので自分で組み立てる必要があるのですが、組み立てはドライバー1本でだいたい5分~10分くらいで完了しました。ケース内のDIPスイッチでRAID1に設定して、パソコンへ接続し電源を入れた。「管理ツール」の「コンピューターの管理」の「ディスクの管理」を開くと「ディスクの初期化と変更ウィザード」というのが開きました。と・・・説明書にはこの辺りの説明がかなりはしょってあってよくわからない!なんとOSのヘルプに従ってすすめてくれ・・・と・・・。なぜ、この手の製品の説明書は最後まで細かく説明しないのだろうか?いつも思う。たしかに「OSのヘルプに従ってすすめてください・・・」と書けば説明書のページが削減できる。しかし、たった1~3ページくらいの削減でしかない。それに比べユーザーの労力は、かなり増加する。なぜならOSのヘルプほどわけが分からない説明は無いからだ。Windowsのヘルプを読んでいると次から次へと専門用語とおかしな日本語で説明されて気がおかしくなってくる。仕事でPC使っている私がそうなのだから、一般ユーザーはもっと厳しいはずなのだ。だから、そのような事まで予測して説明書を作るのであれば、Windowsのヘルプの説明や各種専門用語を調べる事に頼る事なく作業が完結するのが理想ではないでしょうか?まあ、この製品自体、あまり一般ユーザーを対象としていないと言ってしまえばそれまでですが・・・。
まあ、例によってネットを駆使して、フォーマットをする所まではなんとか辿り着いた。あとはフォーマットで完了~って・・・・・・・・長い・・・・合計2TBのフォーマット・・・だいたい4~5時間くらいかかりました。
フォーマットも終わってドライブの存在を確認!ついに、1TBのミラーリング環境が完成~!

と、ここで問題が発生!
なんと、PC連動電源機能を設定してPCを起動するとハードディスクが認識されない!
おーーーなんてこった・・・トラブルか!?
再度、PC連動電源機能をオフにしてPCを起動すると、ちゃんとハードディスクが認識されている・・・。
そして、再度オンにすると認識されず、再度オフにすると認識される。

説明書には「パソコンの環境によっては連動しない場合があります。」と・・・なんてこった・・・こればっかはマザーボードとかの関連なんだろうから、ちょっと手間だがまあしょうがないので諦めました。

それ以外は、特に問題なく動いています。
まあ、私のPC環境は静音自体はあまり求めていないので、ハードディスクの音とかは、正直、大きいのかどうなのかよくわかりません。速度も私は遅く感じませんが、実際はどうだかわかりません。なぜ日立にしたのかと言えば、今のPCに入っているのが日立で、これまでトラブルが無かったからです。

まあ、そういった訳でここ3日くらいPC内のデータと格闘してきまして、さきほどPC内がバッチリ整理整頓できました。フォルダの配置を構築し直して作業の効率も大幅に上がりましたので、3日も苦労して遊んでしまいましたが満足です。

皆さんも大容量ハードディスクを導入してPC内を一気に整理整頓大掃除してみてはどうでしょうか?

【関連サイト】ハードディスク 関連リスト

※バッファローに関する記述はあくまでも私の体験を元にした内容ですので、バッファローのすべてのサポートがそのような対応という事ではありませんので、その旨ご了承下さい。おそらく普通に考えればちゃんとした対応をしているケースの方が多いと思われます。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation