うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

LEICA minilux + AGFA PHOTO VISTA 100

2013.11.19 (Tue) 共有

LEICA minilux + AGFA PHOTO VISTA 100
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

前回の記事(腐ってもライカ? (LEICA minilux))の続きのような記事~!

下からすべてLEICA minilux(ライカ・ミニルックス)とAGFA PHOTO VISTA 100というカラーネガフィルムで撮影した写真。

AGFA PHOTO(アグファフォト)とは、Wikipediaによるとヨーロッパのアグフア(現在のアグフア・ゲバルト、すでに写真事業は売却撤退)の正統な継承者であるアグファフォト・ホールディングがライセンスを所有する写真事業のブランドなんだと。フィルムの箱の記載には、たぶんライセンスがAgfaPhoto Holding GmbH(アグファフォト・ホールディング有限会社)で製造元がLupus Imaging & Media(ループス・イメージング&メディア)になっている。

まーアグファのカメラもフィルムのこともよくわからないんだけれど、日本だとデジタルハリネズミなどトイカメラで有名なパワーショベル(PowerShovel)が正規代理店だったので買ってみた。

つまりこのフィルム、たぶんだけれどトイカメラ向けなのかも。実際、出来た写真の色味もトイカメラ風だし。

※例によって写真のタイトルは適当です。


呪われた空
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

呪われた空

カ、カラスの大群!?


ロード・フォトグラフ
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

ロード・フォトグラフ


ドライブでお疲れ犬
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

ドライブでお疲れ犬


無題1
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

無題1

なぜかこの写真だけ縦長に・・・なぜだ!?


無題2
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

無題2

自分の感想・・・
やっぱフィルムカメラもいいわぁー!

全体的にブルーが印象的でけっこう好き!

しかし、デジカメが恐ろしく進化した現代でも、フィルムカメラで撮った写真を見るとなんとなしか、ほっこりした気持ちになるのは、やっぱアナログ世代だからだからかな(笑)?

デジタルと違って、あまり構図とか考えずにアバウトに撮ってもなぜか雰囲気がある写真になるのも面白いね。ライカのレンズの力なのかな?

では、また

関連アイテム
関連外部リンク
アグファフォト・ホールディング - Wikipedea
http://ja.wikipedia.org/wiki/...

PowerShovel
http://www.powershovel.co.jp/

Agfa Photoブランド・フィルム関連(PowerShovel)
http://www.superheadz.com/agfa/index.html
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

腐ってもライカ? (LEICA minilux)

2013.11.17 (Sun) 共有

LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS OM-D E-M1 試し撮りその4

もうだいぶ前なんだけれど、ヤフオクで遊びで買ってしまった『LEICA minilux(ライカ ミニルックス)』というカメラをOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(35mm判換算24-80mm)の組み合わせで撮影してみた。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


ひそかにあのライカを所有してたりして・・・

そう、ライカと言えば世界で最も有名なあのドイツの高級カメラメーカーのLEICA!

一般庶民にはとても手が出せないお値段のあのLEICA!

といっても実はこれ、ライカの古いコンパクトカメラなんだよね(笑)。しかもデジタルではなく35mmフィルムカメラ。だから最新のデジタルレンジファインダーカメラのLEICA M型とかみたいに何十万円もしない。当然もう新品は売ってないが、発売当時は8~10万円ほどで売っていたらしい。

腐ってもライカってよく言うから、使ってみたくなって止まらない衝動が発動。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

まー正直、ライカの歴史とか性能とか偉大さとかレンズなんたらとか、とにかくライカについてまったくわからないんだけれど、フォーサーズ~マイクロフォーサーズのレンズでパナソニック製のライカレンズ(いわゆるパナライカ)がラインナップされていて、やたら評価が高いので、実際、気になる存在ではある。

このカメラ、LEICA SUMMARIT(ズマリット)40mm F2.4という高性能な単焦点レンズが搭載とのこと。

同じ機種で、Leica Minilux Zoom(ライカ ミニルックス ズーム)っていうVARIO-ELMAR 35-70mm F3.5-6.5というレンズを搭載したモデルもあるらしい。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

見ての通り、コンパクトカメラと言ってもフィルム時代の物なので、かなり分厚くて大きいボディである。コンパクトカメラなので、シャッターを押すだけかと思いきや、F値の変更やマニュアル操作も可能。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ファインダーは今見ると恐ろしく小さくてびっくりする。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

買ったはいいけれど、正直、使い方がいまいちわからなくて、まだフィルム1本しか撮影していない。たぶん宝の持ち腐れ。本当に腐ったライカになる予感・・・。

それで最近やっとその試し撮り写真を現像したばかり。

ということで、次の記事でヘタクソが撮ったライカの写真をアップするつもり!

では、また 続き

↓ライカMマウントレンズをM4/3機に!

COSINA VoightLander マイクロフォーサーズアダプター VMマウント用


関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

ニコン F3HP

2011.10.02 (Sun) 共有

Nikon F3HP
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


前回の記事(宮崎あおいを眺めていたら止まらない衝動が発動!?)でお伝えしたヤフオク衝動買いフィルム一眼レフカメラ(銀塩カメラ)が届いた。

ニコン F3HP

HPというのはハイアイポイントの略らしい。

今回、買ったF3HPというのは1982年発売のモデルだが、初期モデルのF3は、1980年発売。そしてなんとこのF3のシリーズはその後、2000年の製造終了まで20年間という超ロングセラーモデルとなった。この消費大国日本で、20年もの長い期間、変わらず売れ続けたニコン伝説の最強カメラ。それが名機F3ということらしい。

ニコン伝説の最強カメラ

20年もの超ロングセラーモデル

デザインはイタリアの工業デザイナー、あの「ジョルジェット・ジウジアーロ」!ジウジアーロと言えば「いすゞ1117クーペ」や「トヨタ・アリスト(初代)」「フォルクスワーゲン・ゴルフ(初代)」「マセラティ ギブリ(初代)」などの数々の名車のデザインを手がけた人である。

ニコンF一桁シリーズは、プロ仕様の最上位機種

こんなセールス文句を並べられて、目の前のヤフオクで極上コンディションの物件があったら・・・

止まらない衝動が発動しないはずがない!

そう、これは、一目惚れ!

恋は盲目、だからどうしょうもない、と自分に言い聞かせて・・・

ちなみにヤフオクで同時購入したレンズは、「Ai Nikkor 50mm F1.4」。どちらかと言えば、このレンズが欲しくてF3を買ったという方が正しいかも。

今回は、報告まで、

ということで、ニコンF3の話題は、またしばらく続くと思います。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

宮崎あおいを眺めていたら止まらない衝動が発動!?

2011.09.29 (Thu) 共有

宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


写真は、ちょっと前に買った「宮崎あおい&宮崎将 たりないピース(→この本です)」。これは、フォトブックと言う写真と文章で構成された本。宮崎あおい&宮崎将の兄妹がインドのコルタカを旅して感じた旅行記のような内容となっている。

とは言っても私のブログのような脳天気な旅の記録ではなく、世界のいろいろな問題をまずは知ってもらうこと、そして20年後の地球がサスティナブルな状態になるために必要なことを二人が考えていくような旅となっている。


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


この本のテーマは「貧しさと教育、フェアトレード」。フェアトレードというのは、簡単に言うと生産者との対等なパートナーシップのこと。

たとえば、今、日本では、物が驚くような安い値段で買えることが多いよね。でも、なぜ、そんなに安くできるのかと考えたことはないだろうか?ほとんどの場合、その安い物は、海外のしかも発展途上国と言われる国で生産されていてる。その国の人々が単純に貧しく、十分な教育も受けていなくて、知識もないから。すごく安い賃金でも生きていくためには働かなければならないという状態を、悪い言い方をすれば、うまく利用されてしまっているということ。

今の地球では、アフリカや南米、東南アジアなどの植民地支配による奴隷制度は過去の物という認識がされていると思う。でも実は、グローバル経済の中では、表面上の姿を変え、このような賃金格差を利用した経済の仕組みによる低賃金労働、つまり現代の奴隷制度と言われるようなことが起こっている。雇用する企業や現地のオーナーなどは、当然のことながらその人々を奴隷と呼ぶことはない。普通に『契約労働者(被雇用者)』というふうに呼んでいるのだ。

だから、このような状態の人々は、いつまでたっても貧困から抜け出すことができない。それに一時的に募金などでお金を与えたとしても、持続的に生活を維持することはできない。そこで、そのような貧困から自立することを支援しようとフェアトレードという取り組みを実践する企業が出てきた。現地で生産された物を適正な価格で買い取り、適正な賃金を支払える仕事を継続的に提供する。そのための仕組み、それがフェアトレード。

当然のことながら、フェアトレードの商品は、みんな値段が高い。でも、けっこう良い商品が多いので、買い物を楽しみながら、地球の未来を考えるきっかけにもなるし、日本人として生まれたことの恩恵と意味を考えれば、それくらいの価格差は、たいしたことではないのではと思う。


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


まあ、本の内容は、そんな感じで、「宮崎あおい」の写真集というよりは、とても読み応えのあるものとなっている。

いや~、宮崎あおい、凄い!この本を読めばわかるけど、他の普通のアイドル女優とは一線を画している。

それで、記事タイトルの「宮崎あおいを眺めていたら止まらない衝動が発動!?」の本題なのですが・・・

実は、この本を買った理由は、宮崎あおいの熱狂的なファンという訳でも、地球の未来を考える為でもなくて、中の写真の雰囲気がとても気に入ったから。それで、昨日の夜、なんとなく「この写真は、どーやって撮るんだろうか」って思いながらこの本を開いて眺めていたんだけど、ふと「写真:森本美絵」というのに気づいて・・・ネットサーフィンを始めてしまった訳なんだけど・・・

森本美絵

フィルムカメラ

フィルム

ネガフィルム

FGFA

Ferrania Solaris

フィルム一眼レフカメラ

ニコンFマウント

ニコン 50mm F1.4

マイクロフォーサーズ ニコンF マウントアダプタ

Panasonic LUMIX GF2 ←これすごい安い59%オフ(笑)

Flickr

ヤフオク





といったキーワードを行ったり来たり延々と巡り・・・


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


気がついたらヤフオクで、ニコンのフィルム一眼レフ(クラッシック)をポチってました!

しかもアマゾンで59%オフで超安くなっているパナGF2ダブルレンズキットも余裕で買えちゃう値段で!

うわー、完璧な衝動買い、止まらない衝動、またやっちゃった・・・

おいおい、フィルムカメラなんか使ってる暇ないだろ・・・

それにいい写真を撮るのに、本当は、カメラの機種はあまり関係ない。それはわかっちゃいるんだけど、やっぱ実際に試してみたい性格なんです。

とう訳で、ブツが届いたら、何というカメラかお知らせします。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation