うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.(H-X025)の試し撮りレビュー in ハワイ

2015.12.09 (Wed) 共有

ハワイの海はエメラルドグリーン
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F11 SS1/640 ISO-200


ハワイの海はエメラルドグリーン

キラキラした太陽がワイキキビーチを照らすと海は鮮やかなエメラルドグリーンに輝いた。息をのむような絶景、そうここはワイハ(死語)!モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)より撮影。

この記事は前回の「【止まらない衝動】 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.(H-X025)を購入」の続きみたいなものです。

パナソニックの単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.(H-X025)」といういわゆるパナライカの標準レンズ(35mm判換算50mm)の試し撮りをハワイのオアフ島でしてきたのでアップ!カメラはすべてOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡで撮影。


Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. H-X025


例によって写真のタイトルは超ー適当ですので、あしらず。
※写真は拡大してから矢印キーでも切り替え可能
※拡大画像右下の原寸大ボタンでさらに大きくできます



ワイキキビーチへ抜ける小道
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F5.6 SS1/800 ISO-100


ワイキキビーチへ抜ける静かな小道

ここはロイヤル ハワイアン ホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)とアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Outrigger Waikiki Beach Resort)の間の小道。この2つのホテルとすぐ隣のモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)は、目の前がワイキキビーチという最高の立地。


南国っぽい色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F4.0 SS1/2 ISO-200


南国っぽい色

ハワイの夕暮れ時は、この青い景色と街灯の色のコントラストがなんとも癒される雰囲気をかもし出す。場所は宿泊したパシフィック・ビーチ・ホテル(Pacific Beach Hotel‎)前のクヒオ・ビーチ・パーク (Kuhio Beach Park) とカラカウア・アベニュー(Kalakaua Ave)。

このクヒオ・ビーチ沿いの公園にはヤシの木がたくさん立ち並んでいるので、ハワイっぽい写真が撮れる。


アメリカンな厨房(戦艦ミズーリの厨房)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F2.5 SS1/60 ISO-800


アメリカンな厨房

アメリカの映画でよくこんな厨房を見るよね?なんかアメリカっぽいなーって思ったのでパシャ!場所は戦艦ミズーリの艦内。

戦艦ミズーリというのは、真珠湾(パールハーバー)の米軍施設内に置かれている本物の軍艦だ。戦艦ミズーリ記念館として当時の戦艦内の設備や生活の様子などを見学できるようになっている。戦艦ミズーリ記念館に行くには、まず対岸のアリゾナビジターセンターでチケットを買って、そこからシャトルバスに乗る。

なおアリゾナビジターセンターには、アリゾナ記念館という真珠湾攻撃で撃沈された戦艦アリゾナ及び乗組員の追悼施設へ行くボート乗り場もある。


戦艦ミズーリの中の壁
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F2.0 SS1/200 ISO-200


戦艦ミズーリの中の壁

ちなみにかつて日本がポツダム宣言を受諾したのち、降伏文書調印式が行われたのが、東京湾内に停泊していたこの戦艦ミズーリの甲板上なんだって。


ハワイアンな池
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F1.6 SS1/4000 ISO-100


ハワイアンな池

というか別にハワイアンかどうかわからないけど、ロイヤル・ハワイアン・センター(Royal Hawaiian Center)内にあった池。


ハワイの夕暮れ(海側)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F4.0 SS1/2.5 ISO-320


ハワイの夕暮れ(海側)

パシフィック・ビーチ・ホテルのバルコニーからの景色(海側)。夜のハワイは爽やかな風が吹いてきて、まったく暑くなく心地いい。この景色を見ながら飲むビールがまた格別。なお部屋には栓抜きが無いのでABCマートで瓶ビールを買うときは栓抜きも必要。


ハワイの夕暮れ(山側)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F4.0 SS1/1.3 ISO-200


ハワイの夕暮れ(山側)

奥の山の上の方から見たワイキキの夜景も良さそう。ちなみに16階からの眺め。


エルビスがいる!
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
F4.0 SS1/60 ISO-1600


エルビスがいる!

これはInstagramに投稿した一枚なのでおもいっきりレタッチしている。なおロック・アイランド・カフェ(Rock Island Cafe)というお店の横で歌っているのは、THE KING OF ROCK'N ROLL、エルヴィス・プレスリー!場所は、ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ(Hyatt Regency Waikiki Beach Resort and Spa)の裏側にあるキングス・ビレッジ・ショッピング・センター(King's Village Shopping Center)。

↓いいね下さい...
ホタInstagram

レビュー
実はハワイから戻って見たら、開放F1.4という明るい大口径レンズならではのボケ味を活かした写真がほとんど無いことに気づいた(汗)。このレンズの存在を特に意識せずに普段通りに撮影してしまって。今までF1.4というF値を使うことがなかったので、それを活かした写真のイメージがあまりなかったというのが正直なところかな。

まあ実際、昼間のハワイの光は明る過ぎてこのレンズだと絞らないと白飛びしちゃうけどね。でも見ての通り、絞り込むと全体の隅々までシャキッとシャープな画になる。景色の細かな部分まではっきり写っていてすごく良い。さすがライカ(監修だけど)のレンズと言った感じ。

それとこのレンズは、夕方~夜の街の景色を撮るのにひじょうに有利だと思った。というのもF1.4の明るさがシャッタースピードを稼いでくれるので、F4.0くらいまで絞っても、E-M5 MarkⅡの世界最強手ぶれ補正と組み合わせるとISOを上げなくても手持ちでブレずに撮ることができた。試しにISO200のまま撮ったのが「南国っぽい色」と「ハワイの夕暮れ(山側) 」である。マイクロフォーサーズは被写体深度が深いので、夜ならF4.0でもいける。まあF5.6~F8くらいまで絞りたいならISOを少し上げればいい。

総評
この単焦点レンズは、ひじょうに抜けのいい画が撮れ、キットレンズとは数段ランクが違うと感じられる。画質を言葉で言い表すなら、緻密・シャープ・リアル・明るい・柔らか・優しいって感じで、明らかに良いレンズを使っていると感じさせる1本だった。これまで使ってた20mm F1.7も確かにいいレンズだったが、比較するとこっちの方がワンランク上の写真が撮れる感じ。個人的にはこれだけの写真が撮れれば、価格は高いけどはっきり言って安いと思った。

結論、これがライカの魔力、LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.は、マイクロフォーサーズユーザーなら買って後悔のない一本!

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation